カードローン審査

最短カードローン審査対策塾

カードローンの審査からお金を受け取るまでの流れ

実際にカードローンに申込みをしてから、お金を受け取ることが出来るまでの流れというのはどのようになっているのでしょうか?今カードローンで多いと言われているWEB完結型のカードローンの場合でシュミレーションしてみましょう。まずインターネット上のカードローンの申し込み窓口から申し込みを行います。必要になる個人情報、勤務先情報、借入したい金額などを入力して送信します。

 

身分証明書を提出する必要があるというケースも多いので、あらかじめデジカメなどで撮影をしておき、準備しておくとスムーズです。送信された申し込みは、オンライン上で処理され、カードローン会社は速やかに個人信用情報を照会し、さらに社内仮審査を行います。電話もしくはメールにて所在確認を行った後、審査に通った場合いは、この後の手続きのメールが、審査に通らなかった場合には、否決の通知がメールで届くことが多くなります。

 

審査に通った場合には、WEB上に開設される個人用の借入サイトにログインをして、借入の為の操作をWEB上で行うと、登録してある自分の銀行口座に振り込みがされますので、ATMから自分の銀行口座のキャッシュカードを利用して引き出すことになります。

カードローンの審査でやってはいけないこと 

カードローンの審査に通りたいということで、本来ならやってはいけないことをやってしまっている人もいるようです。これだけは絶対にやってはいけないということをまとめてみました。まずはどうしても資金が必要だからといって、まとめて複数の会社に申込みをしたり、審査に落ちたからといって次々と複数の会社に短期間で申し込みをするということです。

 

実は申し込みをしたという記録が個人信用情報機関に登録され、他社で審査に落ちたから申し込みをしているということがあからさまに分かってしまいます。そのために審査には通りにくくなるんです。申込内容に虚偽を申告するということも、やってはいけません。

 

まだ勤務年数が半年程度なのに2年と書いたり、年収が200万円ほどなのに300万円と記載するといったことは、簡単にばれてしまいます。このようなことを行えば、信用でいない人ということになりますので、審査には落ちてしまいます。とくに他社からの借入などを虚偽申告した場合は、必ず分かってしまいますよ。申込書で分からない事があるから、記入したり入力するのが面倒だからと適当に行う、不備がある状態で提出することも、ぜったいにやってはいけません。

カードローンの審査に一発で通る方法

残念ながら、必ずカードローンの審査に一発で通る方法というものは存在しません。このような方法があれば、多くの人がカードローンの審査に悩むことなく、一発で通る方法を試すことでしょう。
たとえば、月収40万円あり、上場企業に10年以上勤務しているという人でも、カードローンの審査に落ちることがありますし、逆に月収は15万円程度で、中小企業に1年くらい勤務しているという人でも、カードローンの審査に通る人もいます。この違いは、申込みをした人の個人信用情報がどのようになっているのか。過去に借入で事故などを起こした実績がないか、借り入れ申し込みの金額が、実際の年収に見合ったものなのか。

 

といった様々なものが原因となって、審査に通る人、落ちる人が出てきます。必ずカードローンの審査に一発で通ることが出来るという訳ではありませんが、まずは借り入れ申込みの金額は、自分の実際の年収に見合っているのかという点を考えましょう。余裕を持った借入金額の申し込みではなく、必要最小限の申し込みにするということも、審査に通りやすいポイントになってきますよ。

カードローンの審査に通らなかった場合に確認するポイント

カードローンに申込みをしても、審査に通らない。という方の場合、まず申し込みをした時の状況などを確認し、どうして審査に通らないのかを確認する必要があります。次の点をまずチェックしてみてください。

 

すでに他社から借入があり、その金額が年収の三分の一以上である。借入先がすでに4社以上ある。この二つのどちらか、もしくは両方に該当するという方は、明らかに借り過ぎによって審査が通らないという状況です。まずは今あるカードローンを完済させることを優先させる必要があります。次に、短期間に複数のカードローンに申込みをしているということはないでしょうか?カードローンは申し込みをするだけでも、信用情報に登録さることになります。

 

短期間に複数社のカードローンに申込みをしているという場合には、審査に通らないことも多くなります。申込時に提出しなければならない書類、証明書などをちゃんと記載・提出したかという点も振り返ってみましょう。適当な記載や、間違えた記載をしている場合には、審査には通りにくくなりますし、書類に不備があると審査には通りにくくなりますよ。

ホーム RSS購読